2018年5月21日月曜日

散歩

近くの道の駅へとカミさんとお昼を食べに出かけた帰り。
家の前まで戻ってくると、初老の夫婦がこちらを見て手を振っている。
最初に務めた学校でお世話になった保護者だった。
娘二人を担任し、その時々で私を支えてくれた夫婦。
カミさんと結婚した時も、母が亡くなった時もこの夫婦が応援してくれた。
よく見るとベビーカーを押している。孫を連れて散歩だとか。
私の教え子が結婚してすぐ近くに住んでいるという。
孫の面倒を見に来たついでに、懐かしくて私のもとを訪ねたとのこと。
相変わらず優しく、でもすっかり年をとった夫婦の顔を見て、年月を感じた。

天気も良かったので、カミさんと家の近くを散歩。
ようやく村のあちこちに桜の花が見え始めた。
よく整備された遊歩道を発見し、歩いていくと見事な桜並木に遭遇。
遊歩道は福祉施設や診療所、保育所までつながっているようだ。
なるほど、時折見かける保育所の子どもたちのお散歩コースでもあるらしい。
桜の花をめでながら散歩なんて、近頃そんな余裕もなかったので満足だった。

懐かしさと新しさに出会うことのできた日曜の午後だった。

0 件のコメント: