2018年5月15日火曜日

魔界への誘い?

給食の箸を忘れて職員室に借りに来る生徒がいる。
とりあえずは礼儀正しくその旨を伝え、借りていくのだが、常連も多い様子。
すかさず声をかける私。

『どうした?箸忘れたか?』「はい、ちょっと…」
『そうか!今度忘れたら、先生と一緒に手で食べないか?』「えっ?」
『二人でインドに行っても困らないように手で食べようぜ』「ちょっとそれは…」
『どうせだったらカレーの日に忘れてこないか?』「いや、今度は持ってきます」
『おっ、明後日カレーうどんだぞ。明後日も忘れてこいよ!』「いや、もう忘れません」
『先生はきっと君が忘れてくる度に、毎回同じ絡みをするぞ』「はい、気を付けます」

数日後、再び箸を忘れてくると…

『おっ!また忘れたか。どうだい、一緒に手で食べないか?』「いやいや(笑)」

…と延々とバカげたやり取りが繰り返される。
ひと月が過ぎ、今ではちょっとした名物となりつつある。



そういえば、最初の頃のレギュラー陣。近頃顔を見せないなぁ。

0 件のコメント: