どこへ行ってもぶれずに。

2018年5月12日土曜日

教育 出来事

「縁あって、この度こちらに…」とは絶対に挨拶しない私。
振り返ってみると、私の異動には何かしら使命がついて回る。
偶然ではなく必然。縁は赴いた後に築いていくもの。

今回の異動もずばりそう。
島の教育長から「地域と学校のつながりが求められている」と実情を聞いていた。
「この先生なら大丈夫だ」とも村の教育長にも早々と話してくれていたらしい。

日本で3本の指に入る広い村。自治会の数も当然多い。
学校からの案内文書はすべて郵送していたという。
会長さんの家がどこにあるのかも知らず、先生方は名前すら知らないという。
入学式の礼状を持って、全部の自治会長さんを訪ねて回った私。
名刺を渡し、挨拶すると驚かれた。「わざわざ丁寧にありがとうございます」と。
先日、そのうちのある方に学校で必要な物を作っていただくお願いをした。
商売でやっている方なので、(あまり予算はないけれど)当然お金を支払うつもりで。
見積もりを尋ねると「先生、材料代だけでいいよ!」と。
で、納品された物がまたいい出来で、再度請求額を尋ねると、
「先生、学校いくら出せるの?それでいいよ(笑)」との答え。何ともありがたい話。

土日の部活の練習試合にもふらりと出かけた私。
保護者のみなさんが私を見つけるなり驚いている。「教頭先生だ!」
少年団の夜間練習のお世話になっている子どもたちの陣中見舞いに行くと、ここでも
「わっ、教頭先生来てくれた!どうぞどうぞ。近くまで行って見てください」と保護者。

地域からの信頼回復は「付き合いの良さ」だけでは前進しない。
何より「任せて大丈夫」という安心感が学校の側になければならない。
それはずばり、チームとしてのまとまりや、一人一人の先生たちの力量の問題だ。
ふた月位は自称「お試し期間」ということで黙って見ていようかと思ったが、
こちらも予定を前倒ししてテコ入れを始めることにした。
激励や具体的な助言で、明るく開放的な空気を作ることに力点を置いているが、
何人かは既にカミナリを落とされた先生も。もちろんダメ出しの後のフォローも。
半端はやりません。大の大人が半泣きになるまで指導し、激励します。
その後の頑張りが見えたなら、これもまた半泣きになるまで評価します。
本気で頑張れる先生を、本気で育てる。

「本物の学校」づくりを「本気」で。

今度の学校でも、相変わらずそんな感じでやってます。