2018年3月18日日曜日

もう一度。

地域の顔役が集まるいつもの飲み会。
会員の一人である、銀行の支店長が異動ということで昨夜は送別会を催した。
湿っぽさはまるでなし。馬鹿話に花が咲くいつも通りの飲み会。
私と自治会長のやりとりは「かけあい漫才」と遂に評された。
お銚子が次々と空になり、一升瓶も2本ほど転がった。
瓶も転がるが、一同転げ回って笑い合う。昨夜は三次会まで陽気に飲み明かした。

「教頭は動かないのか?」
「学校の異動、いつ発表よ?」

ギリギリ情報解禁日前だったので話をはぐらかす。
みんな知ってか知らずか、曖昧な返事に付き合ってくれる。








島を出ます。


島民から村民になります。
次の学校は地域との関係づくりが課題だそうです。
私にはいつも何かしらの「使命」が待っています。









酔いのせいにして口を滑らせてしまえば、一緒に送別してもらえたけど、
もう一度。もう一度だけ、この人たちと飲みたいなと。


「さっさと言わねぇから、送別会2回もやることになったべや」

そんな文句を肴に、もう一度、馬鹿みたいに陽気に飲みたい。
島との別れまで、あと2週間。

0 件のコメント: