願う。

2016年4月19日火曜日

雑感

季節はずれの雪が積もる北海道から、被災地のみなさんへ。
心より御見舞い申し上げます。
一日も早く余震が落ち着きますように。
復興・復旧までの道程は遠いこととは思いますが、
ここでできることををしっかりと果たしながら、
みなさんのこれからを応援しています。

多くの被害、犠牲も現実としてありますが、
阪神淡路や東北の経験が教訓として生きている面も感じます。
施す側の一方的な感情による支援への警鐘がある点も共感できます。
現地の人たちの自主自立を真に支援する、息の長い助け合いを。
偽善は所詮、偽善です。自己満足です。
被災者の「日常」がどうか帰ってきますように。